会社沿革

昭和40年 名古屋市中川区畑田町に於いて鈴木鉄工所を設立
昭和42年 名古屋市瑞穂区中根町に移転
昭和45年 資本金200万にて東工株式会社設立
昭和46年 名古屋市港区正保町に工場新築移転
昭和50年 NC旋盤設備開始
昭和58年 立型マシニングセンター設備開始
昭和59年 新工場増設(495u)
昭和60年 オフィスコンピュータ設置開始
昭和62年 横型マシニングセンター設備開始
昭和63年 名古屋市名東区極楽に名東オフィス開設
平成 元年
  パソコンオンライン導入、津島営業所開設
平成 3年 MG40(カム研磨)設備開始、CAD・CAMシステム導入
平成 4年 グラインディングセンター65(セラ加工)設備開始
平成 8年 新型CAD/CAMネットワーク導入
平成 9年 新型パソコンITネットワーク型導入
平成13年 大型治具設計・製作開始
平成16年 三次元金型製作開始、 三次元測定機導入
平成17年 横型マシニングセンターO/H完了(全数)、 平面研削盤(300×600)導入
平成18年 YBM-850V(治具ボーラ)導入
平成19年 NH8000DCG(横型MC5パレ)導入、3次元CAD/CAM導入
       
デンソー環境認定証取得(EMS)
平成20年 NL-1500(複合NC旋盤)導入
平成24年 
ISO9001-2008認証取得
平成27年 アジア最大級機械展示会Manufacturing Indonesia2015 出展
       MC-66VB(立型MC2パレ)導入
平成29年 VM76R(立型MC)導入
平成30年 SPEEDIO S700X1N導入
平成31年 XYZAX AXCEL9/15/6 RDSXXT(三次元測定機)導入
令和元年 ROBOCUT α-C600iB(ワイヤカット放電加工機)導入
確かな技術で信頼のベストパートナ
本文へジャンプ
会社概要 会社沿革 会社理念 取引先関係
会社案内